仮想化基盤によって安全に試験運用が可能

仮想化基盤とは、OSやソフト、ハードウェアといったものを全て仮想化し実行することのできるシステム全体を指します。

仮想化基盤のメリットとしては、実際の機器をそのまま使うのではなく、仮想環境を構築したその中でOSやソフトなどを動かすことができるという点です。

それはつまり、ソフト的に全てを仮想環境上で動作させることができるので、致命的なバグや誤動作が起きても機器に損傷を与えることがないということになります。

goo ニュースについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

例えば、サーバを試験運用するために仮想化基盤サービス上で動作させればノーリスクでやりたいことを試すことが出来ます。
また、ソフト上での動作なので環境情報をいくつもコピーしバックアップを取ったり、初めの設定に巻き戻して再スタートしたりと自由自在に環境を扱うことも可能です。

Nutanixの情報探しはこのサイトから初めてください。

仮想化基盤のサービスやソフトはいくつもありますが基本機能としては、OSをソフトで仮想的に再現できるものになります。対応しているOSや用途ごとの得意分野が異なるため、用途に合ったものを選ぶことが重要です。


サーバの仮想化であれば、使おうと思っているサーバOSに対応した仮想化基盤サービスやソフトを導入するのがこの場合適正だと言えます。
無料で仮想環境を利用することも出来ますが、ビジネスで仮想環境を利用する場合には、保持できる環境の数などの制限が撤廃された有料のものを利用するのもオススメです。



サポートも充実していますしトラブルにも迅速に対処できます。