仮想化基盤に必要な情報処理能力の規模の選定

仮想化基盤を構築すれば、その上で多様な情報処理サービスが構築できます。しかし仮想化基盤で情報処理を行うためには、そのためのハードウェアの構築がまずは欠かせません。



サーバーは、仮想的な情報処理の基盤を構築するための手掛かりです。

そこで仮想化基盤用のサーバーを構築管理するにあたり、その設計規模を考える必要があります。



どの程度の情報処理能力を必要とするかの見込みは、まず考えるべき要点です。

BIGLOBEニュースの特徴をご紹介する情報です。

ハードウェアの情報処理能力が足りなければ、仮想化した基盤上で必要とされる処理を時間内にこなすことができません。

また一方で、必要以上に高い情報処理能力を持ったサーバーは、その構築や維持管理に費用負担がかかります。
ある程度の将来性を見込んだ上で、現実的な範囲での情報処理能力を持ったサーバーを選ぶのが確実です。

またさらには、必要に応じて処理能力を加えることができるような、拡張性のあるハードウェア機器が便利です。

いずれはさらに高度な情報処理能力を必要とすることを想定し、状況に応じて新たにハードウェアの強化を図ることが可能となれば、その後の運用が便利です。


情報システムの導入管理に関し、コストは常に直面する課題です。

仮想化基盤の構築や運用においても、コスト意識が必要です。
見極め方としては、過去に行われてきた仮想化基盤の運用実績の例を参考にして、サーバーなどのハードウェアの選定を実施するのが、堅実な判断に結びつきます。