仮想化基盤の技術は凄い

仮想化基盤とは仮想上にCPUやメモリ、OSやドライバなど、ハードウェアやソフトウェアといったものを再現するためのシステムです。

ソフトウェアでOSやハードウェアを再現するというのはとても難しく優れた技術と言えます。

ハードウェアは物理的な機械ですから、それをソフトで上手く正確にシミュレーションしなくてはいけません。

仮想化基盤の中にインストールするOSは通常のパソコンにインストールするものと同じものを使います。つまりOSは本来ならば物理的なハードウェアがなければ認識しないところを仮想的に誤認させて、まるでハードウェアが本当に接続されているかのように装うことになります。



この装うという技術が肝になっていて、OSの仕組みをプログラムコードレベルでの詳細な把握が必要で、当然それを実装するのは卓越したプログラマーと言えます。

仮想化基盤を開発するのはどれだけレベルが高いのかということが伺えますが、それもこれもより便利なツールを生み出すために必要な技術だからです。

NAVERまとめについて知りたいならこのサイトです。

仮想化基盤はビジネスの場でも大いに役立っています。

物理的なハードウェアをいくつも用意しなければいけないところに、一つのソフトを導入することによって回避することができるためです。

独自のシステムでNutanixについて興味がある方にオススメのサイトです。

それによってコストの削減に繋がり、より革新的なサービスが生み出されることにも繋がっています。


この仮想化基盤という技術は、CPUやメモリの性能が上がるごとに同時に動かせるOS環境の数も増えますからますます便利になっていくでしょう。